む朕aの_kを朕峺した冩梢a僥何

  • ☆d坪否は輝rのものです。

凛は仝る々ことを毅うMです。この仝る々ことを嬾墾するさまざまな押櫃岑られていますが、aの坪捲によるこれら鴫纂の嵶は隆だyしいF彜です。その尖喇の匯つとして、高の秤鵑鳬殪添鼎Qする舞UMであるW弔が凛の侮何にあるため、泣凛などの誘a圭隈では噴蛍にW弔へaを\べないことがい欧蕕譴泙后

舞UMは悶の嶄を送れる僮匣から、その試咾鳳慴な剞B殆を鞭け函っており、それはW弔についても揖じです。W弔へのeO議な剞B殆の\衣を毅うのが仝僮匣W弔vT々というv侭であり、匯違議には、このvTはaのW弔への欺_を怦むゲ`トキ`パ`と冱われていました。

しかし、暴たちはこの僮匣W弔vTにおいて剞B殆だけではなく蒙協のaをeO議に\ぶパスがあることを竃しました。このパスを宥るようなaは、U笥誘嚥することで僮匣へ卞佩した瘁にW弔に欺_する、軸ち仝む朕a々となるポテンシャルを嗤しています。

F壓、この仝む朕a々のgFに鬚韻董⊂W弔を嵶すことを朕議として_kされた仟aをどのようにしてこのパスを宥させるかについての圭隈や、それをx協するためのgY室g?u隈の_kなどについて冩梢をMめています。

縮T兆
紅 宗匯
消隠 x佩
橿孑 阜厰
僥何
源表寄僥a僥何
T
伏麗a僥、a麗B僥